◇印伝の世界ー模様ー◇①蜻蛉(とんぼ)





「印伝の世界 模様」

自然の力や四季の美しさを想う日本人の心から生まれた様式美


蜻蛉(とんぼ)

とんぼは「あきつ」ともいわれ、日本の古称である「あきつしま」に通じます。トンボは前にしか飛ぶことができない、後ろに下がらないことから、中世には武士の間で「勝虫(かつむし)」とも呼ばれたことからとんぼ模様は武具や装束に多用されました。











色によって、印象が変わります。

ぜひ、手に取ってご覧ください。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示