◇印伝の世界ー模様ー◇26椿



「印伝の世界 模様」

自然の力や四季の美しさを想う日本人の心から生まれた様式美


◇椿(つばき)◇

椿の木は強く、神事にも用いられたことから神聖な木として尊ばれてきました。また、凜とした佇まいを見せる椿の花は、厳しい冬に春の訪れを感じさせる茶花としても親しまれてきました。印傳屋の椿は古くからある品種の五弁花をアレンジし、和の風情と可愛らしさを表現しています。





小物と鞄、色柄が違うとこんなに印象が変わります^ ^

一度お手に取ってご覧ください。

お待ちしております。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示